8UP

Apartment Store2F,2-26-7,Kitazawa,Setagaya-ku,Tokyo TEL/FAX 03-3481-6929

鼈甲眼鏡



GROOVER × 大澤鼈甲


doubole.jpg





私自身もまさか "鼈甲眼鏡" を愛用するようになるとは思ってもいませんでした。
高額品である事ばかりが先行して、素材本来の持ち味や掛け心地などは考えた事すらありませんでした。


現在では1週間の半分は鼈甲眼鏡を掛けております。


038_20120301181204_20120302005403.jpg


そもそも、鼈甲 (べっこう) とは何なのか...
鼈甲は、タイマイという海亀の一種の甲羅を使用した日本でも古来から伝わる工芸品でもあります。


背甲13枚・縁甲 (爪甲25枚:この内4枚が眼鏡に使用) ・腹甲 (22枚) を巧みに加工・細工した製品の事です。
タイマイは赤道近くに生息し、大きいものは50~60歳代で全長180cm・体重200kgにもなります。



bekkou.jpg

bekkou2


タイマイの背中の甲羅は成長にともなって瓦状に重なっていきます。
タイマイの甲は木の年齢のように紙1枚くらいの層が重なり合い、甲の厚みを形成しています。

更にタイマイの甲には保温力があり、温めると自由に曲がるという特性があります。
この特性はコア (水分を通す管) の為である事が科学的に証明されています。

この事から鼈甲は現在までの所、人工では作りえない複雑な構造である事が証明されています。 

※参考資料 : 『江戸鼈甲』 東京鼈甲組合連合会より




日本における鼈甲の歴史はかなり古く、飛鳥・奈良時代に遡ります。
現在も当時の工芸品が正倉院に保存されているとか。

世界最古はやはり中国、万里の長城で有名な秦の始皇帝の王冠に鼈甲細工が使用されているそうです。



shikoutei1_20120301194636.jpg


13世紀のイタリアでは、すでに一般の人々が眼鏡を使っていたそうです。

日本に眼鏡を持ち込んだのはキリスト宣教師とされ、初めて見た当時の人々はかなり異質に感じた事でしょう。
当然ですが、当時 『眼鏡』 という単語はなく "ガラス玉を付けた異国人" と呼ばれていたそうです(笑)



現存する最古の眼鏡は、『徳川家康の鼈甲眼鏡』 と言われております。



tokugawa.jpg


徳川家康が鼈甲の眼鏡を掛けていたという記録もしっかりと残っているそうです。
鼈甲は高価な献上品という側面を持っていたようですね。



・・・長々と偉そうに講釈をしてしまいすみません。
私は性格上、気になった物は追求して形に残す性質なので気になる方のみお気軽にご覧下さい。




さて、鼈甲は、その甲羅の色・斑 (ふ) の入り方によって、大枠以下の通り分類されています。
つまり、色が明るく鮮明になるほど高額になります。


http://www.osawabekko.co.jp/magazine/taimai/index.html
※ 『大澤鼈甲』 さん公式より



私が愛用している鼈甲眼鏡は "並甲" に分類されます。
それでも、一般的には高額である事は間違いありません。



014_20120301203345_20120301234913.jpg


鼈甲眼鏡は一見、硬くて重いイメージがあったのですが、不思議なくらい顔に馴染んでくるのが特徴です。
その秘密は、人間の皮膚と同じたんぱく質で形成されている事です。

鼈甲の特性は人肌の熱でじんわりと変形するので、装飾品・眼鏡等に使われていた訳です。
当時はプラスチックなんか無かった訳ですからね。

金属や石油から製作された素材では表現出来ない質感が魅力です。
フィッティングが素晴らしく、圧迫感も感じられません。

この独特でやさしい質感は、使用された方にしか伝わらないと思います。


長く愛用し、壊れても修理して使い続ける...それが私の信条です。
鼈甲眼鏡は、手入れさえ怠らなければ孫の代まで使える耐久性を持ってます。

壊れたから新しい物を購入するのではなく、高額だけど末永く愛用出来る...私はそこに惹かれます。




"金無垢の腕時計" と "鼈甲眼鏡" は、金持ちの必須アイテム...と呼ばれた時代もあったそうです。
それを象徴するような鼈甲眼鏡がこちら。


059_20120301205104.jpg

オレンジ甲に近い鼈甲眼鏡です。
30~40年前の物かと思われます。



074_20120301205422.jpg

078_20120301205524.jpg


金具部分は、贅沢にもすべて無垢の18金仕様です。


093_20120301205802.jpg

097_20120301205808.jpg

当時でも相当な高額品だったと思います。
最近、鼈甲眼鏡を愛用する方から格安で譲って頂いた逸品です。


このようなスタイルの眼鏡は絶対に似合わない...と今まで思っておりましたが、実際に着用してみると
これがまた現在のスタイルにもコーディネート出来る事に気付きました。




鼈甲眼鏡...それは贅沢であり、究極の嗜好品。
江戸鼈甲は東京都の "伝統工芸品" 指定されておりますが、現在では失われつつある文化でもあります。

大澤鼈甲』 さん、『メガネナカジマ』 さんで実際に鼈甲眼鏡をご覧になってみて下さい。
私自身も愛用しておりますので、気になる方は店頭にてお気軽にお声掛け下さい。

先人達が残した素晴らしい伝統文化を、是非一度手に取って感じて頂ければと思います。



流行に関係なく自分に合う物、ずっと大切にしたい物と共に過ごす事は...
日々の生活できっと心を豊かにしてくれるはずです。




142_20120301233423.jpg





スポンサーサイト
  1. 2012/03/01(木) 18:14:19|
  2. 鼈甲眼鏡
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nancyveloaskin.blog32.fc2.com/tb.php/522-758f5a9e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

8UP

Author:8UP
〒 155-0031
東京都世田谷区北沢2-26-7
アパートメントストア2F

8UP

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも一覧

ブロとも一覧

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる