8UP

Apartment Store2F,2-26-7,Kitazawa,Setagaya-ku,Tokyo TEL/FAX 03-3481-6929

Junk Smith Copper Accessory Collections

13774254_621454428022853_126508507_n_R.jpg

13628491_272960106396945_1481385565_n_R_20160719180330782.jpg







最近は個人的に “銅” という素材に魅力を感じております。

銅は赤橙色をした金属でありますが、空気中に曝されると赤みが掛かった独特な黒色に退色します。
銅は経年変化を経て、表情を深めていく一面が魅力的な素材です。

酸化して手に触れるだけで色が変わりそうな敏感さも、かつては敬遠されていた特性でした。
今では使う人の手の温もりを反映させるようで、これが魅力になっているようです。

何より使い込むとデニムの如く、経年変化も楽しめる素材であります。



12822415_1087575091263350_1870066044_n_R.jpg







銅は最初はキラキラした色をしています。

10円玉を思い出して頂くといいと思います。
しかし、そのキラキラした10円玉も時間が経つにつれ... 使い込まれるにつれ...くすんだ茶色に経年変化をしていきます。

最終的には緑青(ロクショウ)という色になります。


copper8up.gif





緑青、青水が毒だと思っている人がおりますが、それは全くの誤解です。
昔の小学校の理科の教科書には『銅のサビの一種である緑青には毒性がある』と書かれていました。

又、当時の百科事典にも緑青は『有毒』と書かれており、これらを通じて習った知識が長い間信じられてきたようです。
厚生省(現厚生労働省)も1981年から国の研究と着手し3年間にわたる研究の結果、緑青は『無害に等しい』との認定を出しております。

しかし、30年以上が経った現在でも緑青が毒だというイメージは完全には無くなってはいないようです。




11920314_834731156647120_1757205979_n_2015091520101599e_20160719175547e57.jpg

13126640_1715179955433553_197813500_n_R_20160719175544cd5.jpg





よく神社仏閣の屋根の色が緑青色になっていますが、長きに渡り色の変化を楽しめる... それが銅の良さでもあります。

新しいままより人間と一緒に歳をとる... そんな素材。
銀ほどの高級感はございませんが、銅ならではの深みのある味わい深い経年変化も是非お試しになってみて下さい。







13320332_860883470705748_940148776_n_R.jpg





スポンサーサイト
  1. 2016/07/19(火) 18:42:54|
  2. JUNK SMITH
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nancyveloaskin.blog32.fc2.com/tb.php/1389-f832967a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

8UP

Author:8UP
〒 155-0031
東京都世田谷区北沢2-26-7
アパートメントストア2F

8UP

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも一覧

ブロとも一覧

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる